高校生のうちに経済観念を持つ

高校生のアルバイトは、大学生と比べるとかなり門戸が狭い様です。18歳未満と言うこともありますが、雇用可能な店でも中には、高校生を敬遠する場合があります。考えてみれば、高校生は人生経験も少なく、色々な能力を考えても、大学生よりはかなり劣るでしょう。雇用する側としては、同じ給料を払うのならば、役に立つ方がいいに決まっています。中には高校生の時給を下げて、求人している場合もあります。それでもアルバイトでお金を得ることは高校生にとって良い経験になると思います。

しかし、さらに問題なのは、高校生の移動手段です。車の免許はもちろん、事実上オートバイの免許を高校生は取ることができません。徒歩か自転車または公共交通機関となると、都会の高校生は良いですが郊外に住んでいる高校生は、なかなかアルバイトを見つけることが難しいと思います。高校生のアルバイトとなると主に飲食店コンビニエンスストアなど接客が主になります。時間の制限もあるので平日の数時間と土日祝日夏休みなどにすることになります。

時給700円としても高校生にとっては、まとまったお金を稼ぐこともできます。高校生がこのようなお金を手にしたときには、親はしっかりと監視することが大切です。高校生のアルバイトは社会勉強になりお金も手に入れることができますが、そのお金が非行の入口になってしまっては、意味がありません。高校生にとってアルバイトは両刃の剣です。間違った道に進んでしまわない様にくれぐれも気を付けましょう。’

Leave a Reply